子供に多い骨肉腫という病気について把握していく

早期発見早期治療が基本

骨肉腫などのがんは早期治療が基本です。進行している場合、他の組織にも転移している可能性もあり、治療がどんどん難しくなってしまいます。早期発見ができれば、患部がまだ小さいで完治することも可能です。

家族のサポートも大切

がん治療には精神的なサポートも必要になります。ご家族の支えがなによりも大切になるということを忘れないでください。

がん治療についての口コミ

手術判定までの期間が短期間であった

17歳の息子が大腿部がずっと痛いというので病院に連れて行くと骨肉腫ということでした。早期発見と治療が出来たので、転移などがなくて本当に良かったです。判断が早い病院で助かりました。

セカンドオピニオンの重要性

子供を病院で見てもらいましたが、一つ目の病院では骨髄炎の疑いということでした。しかし、セカンドオピニオンにと他の病院を受診すると骨肉腫であったことがわかりました。そのまま病院を変えずに治療していたかもしれないと思うとゾッとします。

長期的な治療を決心

私は骨肉腫と診断され、症状も比較的進んでいるということだったので頭が真っ白になりましたが、病院の先生が治療に対して熱心に取り組んで下さっているのが分かり、病気と向き合ってしっかり治療をしようという決心がつきました。

がん治療専門の病院での入院

がん治療が専門の病院に現在入院中なのですが、同じような境遇のがん患者がいるので、励まし合いながら治療を続けられています。

患者目線で考えてくれている

現在治療中です。比較的症状が軽い段階で治療に入りましたが不安で夜も眠れない状態が続きました。しかし、看護師さんがとても親身になって接してくれ、今後どうやって治療していくかしっかりと説明してくれたので段々勇気が湧いてきました。

骨肉腫の施術ランキング

no.1

患肢温存手術

患肢温存手術は、切除する部分を極力少なく出来る方法です。機能の回復という観点から、この施術を選択するケースが非常に増えています。

no.2

人工骨

切除した部分に人工骨を埋め込むという手術方法です。人工関節を作ることで手術後早い段階から述部を動かせるようになります。経年により劣化するので、定期的なメンテナンスが必要です。

no.3

自家骨移植

切除した部分に、自分の骨を移植する施術です。自分の骨をくっつけるため耐久性があります。そのため、この方法を選択する患者も多いでしょう。また、この施術の場合自分の骨を取り出す手術も必要です。

no.4

義足・義手

症状が重い場合は足や手の患部より下から切断するという手術になり、その後は義手や義足をはめます。義手や義足の技術は非常に進んでおり、リハビリ次第では日常生活が苦にならないようになります。

no.5

回転形成術

主に、骨肉腫で膝関節を失ったあとに行う施術方法です。足首側を回転させて膝側に埋め込み、足首の関節を膝関節として使います。また、長さが足りなくなるので、先端には義足をはめます。人工関節よりも耐久性があるという特徴があるので、こちらもよく選ばれています。

骨肉腫とはどんな病気か

カウンセリング
意外と良く知らない骨肉腫というがん みなさんは骨肉腫と聞いてすぐにどんな症状かわかるでしょうか。骨肉腫という言葉自体は聞いたことがある人が多いと思いますが、具体的な症状までは説明できる人は少ないと思います。骨肉腫とは10代の子供がかかることが多い病気で、骨に発生する悪性の腫瘍です。骨に発生するがんの中では多い部類ですが、年間の発症人数で見ると200人に満たない非常に珍しいものです。こうした重い病を克服することが可能です。
骨肉腫の症状 骨肉腫の主な症状は骨の痛みと腫れです。大腿や脛に多く発生し、上腕骨などに出来ることもあります。何処かにぶつけたり、大きな怪我をした場所ではないのに、痛みが持続的に続く場合は注意が必要です。検査だけでも早めに受けましょう。受診する医療機関はまずは小児科になります。がんの治療は早期発見が大切なのです。
診断方法 この病気かどうかの判断はレントゲンを撮るとわかります。骨肉腫の場合は骨が虫喰いの跡のようになっていたり、患部が通常の骨に比べると黒っぽく移ります。骨の外側に大きな腫瘍が出来ている場合もあります。レントゲンで骨肉腫の可能性があると判断されたら、MRIやCTで腫瘍が他の部分まで広がっていたり転移したりということが無いよう隅々まで十分に確認します。また骨肉腫では、血液内の特定の酵素の割合が高くなっていることが多いので、血液検査も有効な検査方法です。血液検査で骨肉腫に似た他の病気ではないかという判断もできます。血液検査でも骨肉腫の疑いが非常に高いと出た場合、今度は患部の一部分を採取し、顕微鏡でその細胞組織がどうなってるか確認します。
骨肉腫の治療方法 治療方法は抗がん剤による治療と患部切除などの外科手術が主になります。患部の切除後には人工関節などが入れられる事がありますが、関節の大部分が蝕まれている場合、脚や腕を切断して、義足を使うという場合もあります。
症状が似ているユーイング肉腫や骨髄炎 症状が似ていて骨肉腫と判断が難しい病気には、ユーイング肉腫や骨髄炎があります。ユーイング肉腫は骨肉腫のように関節のあたりにできるのではなく、骨の真ん中あたりに発生することが多いです。腰や背中などにも出来ることがあります。ユーイング肉腫は非常に見つけづらく、体に麻痺などの症状が出るまで気づけないこともあります。骨肉腫では発熱を伴う場合があり、その時は骨髄炎と判断されてしまう事がありますが、骨髄炎か骨肉腫かは血液検査をするとわかります。